syouhin rinen

1.伝統の醸造技術を大切にしながら、
・・・昭和5年から続く屋外カメ仕込みによる古式醸造方法

・・・木灰により凝固させる古式蒟蒻製造方法

2.新しい技術をプラスして、

・・・焼酎粕を原料にした食酢、食品製造の新技術

・・・玉ネギや人参などの野菜原料を蒟蒻に練り込む新技術

3.高付加価値の商品を開発していく。

・・・天然のアミノ酸や有機酸を豊富に含む高生理活性食品

・・・低カロリー、食物繊維、プラス野菜原料の旨味、機能性