海外事業

大山食品株式会社 4代目
代表取締役 大山憲一郎
15年前です。
2006年の社長就任から海外への取り組みを開始しました。

まずはアジア(香港、上海、台湾、シンガポール、韓国、ベトナム)
2011年まで5年間やりましたが、大きな成果にはつながりませんでした。
2009年からは、同時に東京を中心とした展示会・商談会への取り組み(年間12回×5回)にも注力しました。2015年からヨーロッパ(ドイツ)、2016年からアメリカでの展示会出展を開始しました。
2016年1月のサンフランシスコでのウィンターファンシーフードショー(WFFS)にて大口の商談がスタートし、20万本の試験販売のご注文をいただきました。
本販売にはISO22000が必要とのことで、同時に取得の準備を開始。
2017年2月14日にISO22000の認証を取得しました。
それと同時に、本販売がスタートしました。
現在は年間40~50万本をアメリカに向けて出荷。(月に20フィートコンテナ1~2台)マーシー取り扱い店舗は1,000店舗を超えました。
その後オーストラリア(2017年)中東(2019年)スウェーデン(2019年)へと販路は広がりました。

2025年までにアメリカにて、マーシー取り扱い店舗数を10,000店舗にします。
柚子ホットソース「マーシー」は、九州の伝統食品・柚子こしょうと、発酵食品、醸造酢それぞれの良さを融合させたお酢ベースの液体ゆずこしょうです。
発売開始日は2009年2月1日です。
その後、柚子こしょうの生産拡大と製造体制の強化で、日産1万本・年間250万本の生産まで対応可能です。今後はタバスコの生産量である、日産70万本、年間1億7500万本を綾町の工場で生産し、世界中の辛党の皆様の幸せと健康に貢献できればと思っています。
九州の温暖な気候の豊かな自然と水は、
柚子、唐辛子、酢、自然海塩の生産に最適です。
恵まれた環境の中、世界一のホットソースメーカーになります。