日本の柚子ホットソース
マーシー
JAPANESE
YUZU
HOT SUACE MARCY
無添加液体ゆずこしょう
辛っ! 旨っ!
老舗酢屋がつくる世界中で人気の万能調味料。
日本最古の調味料「酢」と、日本の伝統食品
「ゆずこしょう」がベースの調味料。
おかげさまでに米国を中心とした海外への出荷実績100万本突破
今もなお、現地系スーパーマーケット1,000店舗以上で販売中。
さらなる拡大に向け、「マーシー」の魅力を伝えていきます。
海外事業の紹介はこちら
使い方

1.つける

餃子、唐揚げ、お刺身、蕎麦、焼肉、BBQに。醤油やポン酢の代わりにどうぞ。お鍋の薬味としても。

2.かける

ピザ、パスタ、カレーや冷奴にかけても美味しくお召し上がりいただけます。

3.調味料として

スープやリゾット、お肉を漬け込んで焼くなど。カクテルに加えても。
ボトルタイプが2種類
ボトルタイプが2種類 柚子のイラストが特徴の丸瓶タイプ 高級感のある角瓶タイプ。
柚子のイラストが
特徴の丸瓶タイプ
ボトルタイプが2種類 柚子のイラストが特徴の丸瓶タイプ 高級感のある角瓶タイプ。
高級感のある
角瓶タイプ
柚子ホットソース マーシー
青唐辛子バージョン
ゆずの香りと、パンチの効いた辛味。
お酢の酸味がさっぱりアクセント。
脂っこい料理にはさっぱりと。
お魚料理やお野菜料理、お豆腐などによく合います。
おすすめの使用例
餃子のたれ、刺身、湯豆腐、サラダ、
味噌汁、カレー、そば、天ぷら、焼き魚、
地鶏の炭火焼き、スープ、など。
柚子ホットソース 赤マーシー
赤唐辛子バージョン
マーシーご愛用者様の声により生まれました。
唐辛子感がUPした、食材に絡みやすい
旨味を感じるソースです。
特にお肉料理におすすめ。
おすすめの使用例
ステーキ、BBQ、唐揚げ、しゃぶしゃぶ、
ハンバーグ、トンカツ、地鶏の炭火焼、
焼き鳥、スープ、炒め物、など。
シンプルな原材料。
食品添加物・保存料不使用。
酢…
ベースは醸造酢。
食塩…
沖縄・糸満沖の海水を薪の炎でじっくり煮詰めた海水塩「美海育ち(チュラウミソダチ)」
ゆずこしょう…
日本の伝統食品。九州産を贅沢に使用。
唐辛子…
辛味の効いた唐辛子。さらなるパンチを加える。
規格
100g 瓶タイプ
業務用規格もございます。
500g(瓶)、1.8L(PET)、20L (QB)、 1000Lタンク。
マーシーを使ったレシピ
グリーンカレー風スープ
ココナッツミルクをベースに マーシーの辛味で なんとびっくり!グリーンカレー風の味付けに。
チキンスープを使いたくない方は 醤油とお水で代用してもOKです。
材料
  • 鶏肉
  • ヒラタケ
  • きゅうり
  • 生姜
  • パクチー
  • 鷹の爪
  • ココナッツミルク
  • チキンスープ
  • 柚子ホットソース「マーシー」
  • 砂糖(てんさい糖)
  • 塩(自然海塩)
  • ブラックペッパー 醤油
※今回きゅうりは青パパイヤの代わりとして。
※他にもお好みのお野菜でどうぞ。
※3~4人前の目安で ココナッツミルクは200g程度使用。
※チキンスープはその倍を目安に用意します。
作り方
  1. 鶏肉ときゅうりとヒラタケを一口大にカット。生姜は香り付けのため お好みの大きさに。薄切りでも構いません。
  2. フライパンに油をひき、鶏肉に軽く焼き目をつける。
  3. きゅうりと生姜と鷹の爪を加え軽く炒める。
  4. ココナッツミルクとチキンスープを加え、砂糖と塩、醤油(お好みで)、「マーシー」で味を整える。
  5. あくを取り覗きながら煮立たせ、ヒラタケを加えさらに一煮立ちたせます。
  6. ブラックペッパーを振ったら完成。
赤マーシーを使った「スパイス香る豚肉の赤マーシー炒め」
参考にしたのはタイ料理のナンプラー炒め 。
ナンプラーの代わりに「赤マーシー」を柚子ホットソース「マーシー」の赤バージョンである「赤マーシー」は お肉料理におすすめお酢の力で、お肉柔らかサッパリ。
クミンの香りと唐辛子のパンチ、ニンニクもガツンと効いたスタミナ料理です。
炒めるだけ なので是非お試しください。
材料
  • 豚肉
  • ニラ
  • いんげん
  • 赤パプリカ
  • ピーマン
  • ニンニク
  • 柚子ホットソース「赤マーシー」
  • 塩コショウ
  • クミン
※お野菜も豚肉もお好みで。お好きなお野菜お使いください。
※マーシーは入れすぎ?なくらいがパンチが効いて美味しい。味を見ながらお好みの量を。
作り方
  1. ニラとインゲンは適当な長さにカット
    ピーマンとパプリカは細切り
    ニンニクお好みの厚さでは輪切り
  2. フライパンにサラダ油を引き
    ニンニクの香りを油につけるために
    焦げないよう軽く火を通す
  3. 豚肉を加えて強火で軽く炒める
  4. インゲン・ピーマン・パプリカ・ニラの順番で炒める。
  5. 全てをさっと炒めたら 塩コショウと「マーシー」とクミンを適量加え更に炒める。
マーシー で「パッタイ風焼きこんにゃく麺」
大山食品の、麺の代わりとして使える「きしめん風しらたきこんにゃく」を使ったヘルシー炒め麺レシピ。
材料
  • きしめん風しらたきこんにゃく 350g
  • 空芯菜
  • 赤パプリカ
  • 黄ミニトマト
  • サラダ油
  • 塩コショウ
  • 醤油
  • マーシー
※大皿いっぱいの量が出来ますので、麺の量に合わせてお野菜はお好みで。
作り方
  1. 空芯菜は長めにカット
    パプリカは輪切り
    トマトは半月切り
    こんにゃくもお好みの長さにカット
  2. フライパンにサラダ油を引き、きしめん風しらたきこんにゃくを強火で炒める
  3. 全体に油が絡んだらミニトマトを入れ、塩コショウと醤油を適量加える
  4. さらに炒めたら空芯菜を入れ 軽く火が通るまで炒める
  5. 「マーシー」をお好みの量振りかける
  6. 彩りのパプリカを加えて軽く炒め完成
    塩コショウ「マーシー」でお好みの味にととのえてください

ヤマダイ酢を使ったレシピ集

製造工場
九州南部の宮崎県綾町に位置する、
大山食品の工場で製造しております。
当工場はISO22000を取得しています。
工場のある「宮崎県綾町」では、
毎年ホタルを見ることが出来ます。
ホタルは清流に生息する生き物です。
工場のすぐそばには、日本の名水百選に
選ばれた「綾の名水」が流れる川があります。
日本最大級の照葉樹林地帯で育まれた水が、
大山食品の工場にも届いています。
昔より「水の郷」とよばれる綾町の恩恵をうけ、
恵まれた環境の中食品づくりが行われています。
マーシー、誕生秘話
「マーシー」は、福岡県にあるレストラン「レンズ」のオーナーシェフ 木尾仁(きおまさし)氏と、コラボレーションをして、2009年に誕生しました。
「マーシー」は、彼の相性から名づけられました。
某有名ホテルのレストランなどに努め、国内外にて活躍するシェフです。
大山食品では、マーシー氏とのコラボレーションのソースなどを多く製造しています。
オリジナルラベルなど、OEM製造についてもご相談ください。